石田正子【平昌五輪クロスカントリースキー】が美人すぎ!経歴とその努力の道とは!?

 

 

クロスカントリーは、確かに地味な競技かも知れません。
派手なジャンプや回転もありません。
ノルディックスキーの種目の一つで、スピードよりも長距離を滑走する持久力と技術が
求められ、雪上コースをスキーで滑り,その所要時間を競います。
ただ淡々と、淡々と、静寂のコースの中を前へ前へと進んで行くだけ。

ん!? 何かに似ていますね。
そうです!マラソンです!言わばマラソンのスキー版。
それがクロスカントリースキーです。

でも待てよ。
マラソンはみんな結構見る、人気のスポーツですよね。
でも、クロスカントリースキーは、北欧を中心に、地位が高い海外とは異なり、
日本では、競技環境および人気の点で決して恵まれてはいません。
フィギュアスケートやマラソンほど注目度が高いとも言えません。

そんな中、日本のクロカン界の第一人者、もしかしたら日本でよりも
海外での方が有名かも知れない選手、石田正子選手がいます。
この石田選手、只者ではありません!

日本人の度肝を抜く!? 平昌のダークホース!
そんな期待を感じさせる、石田選手のプロフィールを先ずは見てみましょう。

 

出典:http://skiblog.salomon.co.jp

 

 

石田正子選手プロフィール

石田正子(いしだまさこ) 女子クロスカントリー
生年月日 1980年11月5日
身長162cm
体重54kg
出生地 北海道
日本大学卒業
所属 JR北海道

 

06年トリノから、10年バンクーバー、14年ソチ、そして今回、平昌と
4大会連続出場!

 

1年の大半を海外で過ごすし、数々の大会を転戦しては海外の強豪選手と勝負し、
世界で一定以上の成果をあげ、存在を知らしめてきた石田選手。

 

バンクーバーでは距離30キロクラシカルで5位入賞!
ワールドカップでは、男女の日本勢で過去最高タイの3位が2回。
長距離種目で表彰台に上るのは日本選手では初めてのことです!
石田選手は日本のクロスカントリースキーの歴史を塗り替えてきたのです。
更に平昌オリンピックでも、その歴史をどどん!と塗り替えちゃう可能性が
限りなく高いのでは、注目しています。

 

進化を遂げる美しきファイター

なぜなら石田選手は競技の内容、技術の面でも年々、
着実に進化を遂げておられるからです!
距離の壁を越えるオールラウンダーへとご成長なさってます。
そして美しい!

 

例えば、今シーズンのワールドカップは作シーズンより成績が上回ってます。

年齢は1歳上がっているのに!←ここ重要!

美しきファイター!クロカン人気アップの為に五輪出場!?

どんな状況でも自らを失わない強い心を持つ石田選手。
集団の中でも絶対に譲らず、2位と1秒、3位とは0.9秒という
僅差の競り合いに持ち込む強さがあります。

「速くなるために、自分が動きやすい環境を自分で作る」実行力も彼女の魅力。

かつて、イタリア人で日本チームのワックスマンだったファビオ・ギザフィ氏に
「いいコーチを紹介して欲しい」と、辞書を引き引き、英文の手紙を書いたと言います。

その後、「紹介してほしい」と依頼されたギザフィ自身が心を動かされ、
日本チームのコーチに就くことになりました!

 

“自助努力”がいちばん必要だと語る石田選手。

自助ですよ、速くなりたい一心で、自分で自分を助ける努力をしちゃうのですよ。
「行動力があるのは意志が強いというか、抜け目のなさというか(笑)」 なんて
言っちゃってる石田選手ですが、
なんとも美しく、素晴らしいじゃないですか。
あたい、断然、石田選手を応援する!

 

ひとシーズン毎に、上へ、上へと、着実にステップアップしている!と言うことは
平昌でも更に上の高みへと!?

 

うおぅぅ。
日本でもクロカン人気沸騰!!の為に五輪での活躍を期待いたしております!

オリンピック名場面を見逃したくない! でも見逃した時は!?

NHKは平昌オリンピックをインターネットで同時配信してます。
見逃した競技があった時はNHKオンデマンドも要チェック。

NHKオンデマンドを見るオススメはポイントがつく上に31日無料視聴OKのU-NEXTです。
U-NEXTならオリンピック期間中、無料で見ることができるからお試しも安心♪

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!