知ってた? 酒気帯び運転は同乗者も逮捕!

酒気帯び運転で同乗者も逮捕!

 

2017年12月25日神奈川県南足柄市で飲酒したグループ7人が飲酒運転の上事故を起こした。

踏切で無謀運転をし、パトカーに追跡され逃げる途中に交通死亡事故を起こした。

そして、運転手と同乗者3人が逃走!!!

後日運転手だけでなく、逃走した同乗者も逮捕された。

 

同乗者逮捕がニュースになった!

上記の「なにやってんだ~」というニュースですが、飲酒運転の同乗者が逮捕されたというのは今まであまり聞かなかった事件ですね。

今回の事件は7人が飲酒運転の車に乗ってたワケですが、逮捕されたのは、逃走した運転手と逃げた同乗者です。

つまり

 

運転者—-危険運転地誌・酒気帯び運転で逮捕

逃げなかった同乗—-酒気帯び運転同乗の疑いで書類送検

(逃亡の恐れがないから逮捕はされなかった)

逃げた同乗者—-酒気帯び運転同情の疑いで逮捕

(逃亡の恐れありで、逮捕拘束して取り調べ)

ただし、処罰については逃げても逃げなくても同乗者は同じです。

 

運転者 同乗者
道路交通法 酒気帯び運転

3年以下の懲役または50万円以下の罰金

 

酒気帯運転道場

2年以下の懲役または30万以下の罰金

自動車運転処罰法 危険運転致死 最高懲役20年 危険運転致死ほう助 最高懲役10年

 

 

同乗者が罪に問われたり、問われない場合がある

行先を指定して同乗  同乗者は罪に問われる可能性高い

運転者に誘われて同乗  同乗者は罪に問われる可能性低い

勢いで同乗  罪に問われるかどうか微妙

 

まとめ

飲酒運転はダメ

飲酒運転の同乗者も刑事罰の対象になる可能性が高いが、「のせていって」とたのんだ場合は明確に罪になる。

 

気になるニュースやドラマは動画配信のU-NEXT!【1ヶ月無料】で見ることができます。

 ▼スポーツだけじゃなくてドラマやアニメも見放題! 急いでクリック▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!