羽生結弦選手が平昌オリンピックで !? 壮絶な努力の人【ゆず】まとめ

引用:2018年 カレンダー、ハゴロモ

目前にせまった平昌オリンピック開幕。

冬季五輪の花形と言えば、やはりフィギュアスケート!

なかでも、王者・羽生結弦選手の怪我からの復活が気になるところです。

 

羽生結弦選手と言えば、前回ソチ大会の金メダリストにして、

現世界歴代最高得点記録保持者。

世界ランキング最高位1位。

はい、絶対王者なのです。

注目せずにはいられません。

 

右足関節外側靱帯(じんたい)損傷!

そんな王者が、昨年大阪で開催されたグランプリシリーズ第4戦のNHK杯(11月10日~12日)に出場するため会場で行われた公式練習中の大会前日、不測の事態に見舞われました。

それは11月9日4回転ルッツに果敢に挑んだ時、着氷に失敗。

不自然な体勢で着氷した羽生選手は、右足関節外側靱帯(じんたい)に

損傷を負ったのです。

えーっ!平昌オリンピックは?大丈夫なのぉ?

ファンの悲鳴が聞こえてきそうです。

いえ、ファンのみならず、王者ゆえに、各メディアやIOC関係者たちの悲鳴も

聞こえてきそうでした。

しかし、羽生選手は不屈の精神の持ち主。

過去にも、14年11月のグランプリ(GP)シリーズ中国杯の練習中に他選手とぶつかり、頭部裂傷などで2~3週間安静と診断されましたが、

なんと、わずか8日後に氷上練習を再開し20日後のNHK杯に出場しました!

また同12月のGPファイナルでは圧勝で2連覇達成。

その年末には腹部の手術を受けたり、15年1月には歩けないほどの

右足首捻挫を負いましたが、約1カ月後の世界選手権では、堂々銀メダルを獲得!

凄すぎる、さすがは王者。

そんなメンタルの強さと強靭な肉体、そしてコーチも心配するほどの

ストイックさを合わせ持った羽生選手のこと。

今回も怪我など跳ね飛ばして復活してくれるに違いない。

きっとファンだけじゃなくて日本国民の99,999%が彼の回復と活躍を願っていると思います。

それくらい、「ゆず」は私達のヒーロです。

 

では、ちょっとここで羽生結弦選手の基本情報をおさらいしましょう。

 

羽生結弦選手のプロフィール

生年月日は1994年12月7日 23歳です。

出生地は、宮城県仙台市泉区

身長 172cm

体重 53kg

血液型はB型

コーチは2012年より、ブライアン・オーサー氏が務めています。

「ゆず」の愛称を持つ、羽生結弦選手の名前の由来は

「弓の弦を結ぶように凛とした生き方をして欲しい」と、お父様が願いを込めて命名。

現在、早稲田大学人間科学部人間情報科学科通信教育課程(eスクール)在学中です。

 

ゆずのスゴすぎるスコア

そんな羽生選手の華麗なるスコアは

ショートプログラム 112.72 (2017オータムカップ)

フリースケーティング 223.20 (2017 世界選手権)

トータルスコア 330.43 (2015 グランプリファイナル)

お見事です!

 

体が弱かった幼年時代!?

2歳の頃から喘息(ぜんそく)の持病があり、今まで、吸入や投薬治療、鍼治療、

さらには気道を開く施術を受け、さまざまな対策を行いながら、

それでも完治はしておらず、2017年にも発作を起こすと明かしているなかでの

上記の成績は、まさに圧巻としか言いようがありません。

きっと、ものすごい努力家なのでしょうね。

 

羽生選手が尊敬する選手はエフゲニー・プルシェンコ。

(ロシアの男性フィギュアスケート選手。2006年トリノオリンピック金メダリスト。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト。2014年ソチオリンピック団体戦金メダリスト。ロシア連邦功労スポーツマスター。旧採点、新採点の両方でオリンピックメダルを手に入れた唯一の男子フィギュアスケート選手である)

「彼のような存在になれるように努力していきたい」とプルシェンコ選手を自らの理想像としています。

 

羽生選手はクリスチャン?

 

羽生選手は演技前に必ず胸の前で十字を切るような動作をします。

そのことから、もしかして羽生選手はクリスチャンなのでは?と憶測しました。

しかし実際には十字ではなく、「士」の形を描いており、

「ジャンプ時に回転軸と両肩を平行に保つ意識を持つために確認するおまじない」

ということがわかりました。

2015年11月以降からは最後に両手で天を仰ぐような動作が加わりました。

 

現在は、どうやら平昌オリンピックに向けて、練習を再開したとの

嬉しいニュースも、ちらほら聞こえはじめ、ググッと期待が高まります。

二大会連覇の金メダルゲットを皆で応援しましょう!

名場面を見逃したくない! でも見逃した時は!?

NHKは平昌オリンピックをインターネットで同時配信してます。
見逃した競技があった時はNHKオンデマンドも要チェック。

NHKオンデマンドを見るオススメはポイントがつく上に31日無料視聴OKのU-NEXTです。
U-NEXTならオリンピック期間中、無料で見れるから安心してお試しできますね♪

オリンピックだけじゃなく最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!