丸岡いずみ代理母出産 誰でもできるの? 日本での障害は?

世間の話題
不妊夫婦の光となるか? 代理母出産おめでとう
フリーアナウンサーの丸岡いずみさんが代理母出産で第一子を出産したというニュースが飛び込んできました。

丸岡さんは46歳。

いままで2度流産されたということで、高齢ということもあり!?、代理母出産を決めたそうです。

 
代理母出産とは!?
代理母出産(だいりははしゅっさん、だいりぼしゅっさん、英:surrogate motherhood)とは、ある女性が別の人に子供を引き渡す目的で妊娠・出産することである[1] 。代理出産(だいりしゅっさん)ともいう。懐胎時を含めて表現するために特に代理懐胎(だいりかいたい)と表す場合もある[注 1]。また、その出産を行う女性を代理母(だいりはは)または養母出産という
出典:Wikipedia

 

いろんなパターンがありますが、丸岡さんの場合は、婦の受精卵を代理母の子宮に入れ、出産したようで、遺伝子的には二人の子供ということになります。

他に、第三者から提供された卵子、あるいは精子を受精に使って、代理母の子宮で育てて出産するといパターンもあります

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました